一般社団法人日本パン工業会 概要 会員紹介 役員紹介 事業内容 電子公告 パンのはなし パンの生産動向
環境への取組 食の安全・安心への取組み 主要食料の安定した提供への取組み トランス脂肪酸等に関する情報開示について リンク
環境への取り組み状況

「環境自主行動計画」「容器包装の3Rに係る自主行動計画」
取り組み状況について(2015年度実績)

Ⅰ  温暖化対策(CO2排出抑制対策)
1 生産活動に係るCO2排出抑制対策

(1)数値目標

温室効果ガスのなかで、最も構成比の高いCO2の排出量について、生産高(10億円当たり)を対比とした原単位ベースで削減を図る。基準年を2009年度とし、目標年次である2020年の間に2011年度から原単位で年率1%削減する。

(2)2015年度の実績

CO2排出量実績(生産部門)

2009
2011
2012
2013
2014
2015
CO2排出量
t-CO2
857,625 944,855 951,851
1,084,977
1,090,647
1,070,183
CO2排出量原単位
t-CO2/10億円
757
811
813
932
875
861
CO2排出量原単位基準年 (2009年)比(%)
107.1
107.4
123.1
115.5
113.7
 東日本大震災直後の2011年度から引き続き、2015年度も夏季、冬季の節電要請や電力を始めとしたエネルギー価格の上昇等に対応するため、各社一層の省エネ対策に取り組んできた。しかしながら、主要なエネルギー源である電力のCO2排出係数は、東日本大震災による原子力発電所の稼働停止に伴い、急激に上昇しており、その結果、2011年度以降、目標を達成することが困難な状況となっている。2015年度は、基準年(2009年度)に対して、CO2排出量原単位(生産高10億円当たり)ベースで+13.7%であった。

2 物流に係るCO2排出抑制対策

(1)数値目標

製品の物流・配送に関し、自社配送および委託配送によるCO2の排出について、売上高を対比とした原単位ベースで削減を図る。基準年を2009年とし、目標年次である2020年の間に2011年度から年率1%削減する。

(2)2015年度の実績

荷主分野を含んだ物流に係るCO2排出量・原単位実績

2009
2011
2012
2013
2014
2015
CO2排出量実績(t-CO2
333,684
332,256
340,409
341,031
342,636
338,920
CO2原単位(t-CO2/10億円)
285.2
274.9
277.8
274.5
273.4
259.9
CO2原単位基準年(2009)比(%)
96.4
97.4
96.3
95.9
91.1
 基準年度以降、配送コースの削減・統合、共同配送の推進、積載率のアップ等の物流面の合理化及び、エコドライブの推進、低燃費車の導入により着実に目標を達成してきており、2015年度は、原単位ベースで基準年(2009年度)比▲8.9%となり、目標を上回る削減率を達成した。
Ⅱ  廃棄物対策

(1)数値目標

総廃棄物の再資源化率の数値目標として、2011〜2020年度の期間、70%を最低基準とし、80%を維持し更に向上させる。また、そのうち食品廃棄物の再資源化率を2011〜2020年度の期間、食品リサイクル法で定められた85%を最低基準とし、90%を維持し更に向上させる。

(2)2015年度実績

廃棄物発生量と再資源化率の推移

2011
2012
2013
2014
2015
総廃棄物排出量
262.6
267.5
266.8
266.5
261.7
リサイクル量(千トン)
234.8
241.6
235.4
238.6
231.9
再資源化率(%)
89
90
88
90
89
食品廃棄物合計 (注1)
174.1
180.6
180.1
180.6
177.3
リサイクル量(千トン)
167.5
174.3
169.8
170.7
166.2
再資源化率(%)
96
97
94
95
94
非食品廃棄物
88.6
86.9
86.7
85.9
84.4
リサイクル量(千トン)
67.3
67.3
66.6
67.8
65.7
再資源化率(%)
78
77
77
79
78
 食品廃棄物の再資源化については、現状ではほとんどがリサイクルされるようになっており、前年に対しては、ほぼ同程度リサイクルされている。
食品以外の廃棄物では、汚れの無い廃プラ類の有価化等廃プラ類の分別化、汚泥処理システムの改善、その他焼却等の取り組みを進め、再資源化率は前年比78%、総廃棄物の再資源化率は、89%となり、目標を上回る実績を達成した。
Ⅲ  容器包装の3Rに係るプラスチック容器包装削減対策

(1)数値目標

2004年度を基準年として、2015年までに生産高原単位(10億円当たりのプラ容器包装排出量)対比で13%の削減を最低基準とし、更なる削減を図る。

(2)2015年度実績

廃棄物発生量と再資源化率の推移

2004
2010
2011
2012
2013
2014
2015
排出量原単位(t/10億円)
31.5
26.5
25.7
25.7
24.6
25.5
24.4
原単位の基準年度(2004)比増減率(%)
▲15.9
18.5
▲18.6
▲21.9
▲19.0
▲22.4
 容器包装の薄肉化・減容化に取り組んできた結果、2015度の排出量原単位は24.4トン/10億円で、基準年である2004年度(31.5トン/10億円)比22.4%の削減となり、目標とした削減率を達成することができた。
TOPページ 概要 会員紹介 役員紹介 事業内容 電子公告 パンのはなし パンの生産動向
環境への取組み 食の安全・安心への取組み 主要食料の安定した提供への取組み トランス脂肪酸等に関する情報開示について リンク