一般社団法人日本パン工業会 概要 会員紹介 役員紹介 事業内容 電子公告 パンのはなし パンの生産動向
環境への取組 食の安全・安心への取組み 主要食料の安定した提供への取組み トランス脂肪酸等に関する情報開示について リンク
環境への取り組み状況

「環境自主行動計画」「容器包装の3Rに係る自主行動計画」
取り組み状況について(2010年度実績)

Ⅰ  温暖化対策(CO2排出抑制対策)
1 生産活動に係るCO2排出抑制対策

(1)数値目標

温室効果ガスのなかで、最も構成比の高いCO2の排出量について、生産高(10億円当たり)を対比とした原単位ベースで削減を図る。基準年を2004年度とし、目標年次である2010年の間に2005年度から原単位で年率1%削減する。

(2)2010年度の実績

CO2排出量実績(生産部門)

2004
2005
2006
2007
2008
2009
2010
CO2排出量
t-CO2
854,592 870,305 839,123
884,813
863,583
838,925
847,179
CO2排出量原単位
t-CO2/10億円
875
889
847
867
804
773
767
CO2排出量原単位基準年 (2004年)比(%)
101.6
96.8
99.0
91.9
88.3
87.6
 厳しい事業環境の中ではあったが、会員各社とも省エネ設備の導入・更新、省エネに関する管理の強化、エネルギー転換、生産性向上への取り組みを継続的に積み重ねてきた。また、主要なエネルギー源である電力のCO2排出係数は、これまでほぼ毎年低下してきた。その結果、2010年度は、基準年(2004年度)に対して、CO2排出量原単位(生産高10億円当たり)ベースで▲12.4%となり、目標を上回る削減率達成となった。

2 物流に係るCO2排出抑制対策

(1)数値目標

製品の物流・配送に関し、自社配送および委託配送によるCO2の排出について、売上高を対比とした原単位ベースで削減を図る。基準年を2006年とし、目標年次である2010年の間に2007年度から年率1%削減する。

(2)2010年度の実績

荷主分野を含んだ物流に係るCO2排出量・原単位実績

2006
2007
2008
2009
2010
CO2排出量実績(t-CO2
271,052
288,041
282,778
274,803
272,766
CO2原単位(t-CO2/10億円)
288.2
265.8
249.9
241.0
238.1
CO2原単位基準年(2006)比(%)
92.2
86.7
83.6
82.6
 基準年度以降、配送コースの削減・統合、共同配送の推進、積載率のアップ等の物流面の合理化及び、エコドライブの推進、低燃費車の導入により着実に目標を達成してきており、2010年度は、原単位ベースで基準年(2006年度)比17.4%となり、目標を上回る削減率を達成した。
Ⅱ  廃棄物対策

(1)数値目標

総廃棄物の再資源化率の数値目標を2010年度までに、70%に向上させる。
また、そのうち食品廃棄物の再資源化率を2010年度までに、85%に向上させる。

(2)2010年度実績

廃棄物発生量と再資源化率の推移

2004
2005
2006
2007
2008
2009
2010
総廃棄物排出量
240.1
241.9
253.0
272.7
256.5
262.3
271.7
リサイクル量(千トン)
158.5
182.2
204.0
221.8
217.4
227.6
243.2
再資源化率(%)
66
75
81
81
85
87
89
食品廃棄物合計 (注1)
138.2
143.6
159.2
175.5
169.2
174.7
182.3
リサイクル量(千トン)
109.7
123.7
144.0
160.9
156.0
164.7
175.5
再資源化率(%)
79
86
90
92
92
94
96
非食品廃棄物
101.8
98.3
93.8
97.2
87.2
87.6
89.4
リサイクル量(千トン)
48.8
58.5
60.1
60.9
61.5
62.9
67.5
再資源化率(%)
48
60
64
63
70
72
76
 食品廃棄物については、飼料化・肥料化の推進、ロス製品の取扱い業者変更やアウトレット販売の拡大、アイテムの集約によるフィリングロスの減少等の取り組みにより、再資源化率は着実に向上している(2009年94%→ 2010年96%)。
 食品以外の廃棄物では、プラスチック廃棄物の分別強化、包材関係のロスの縮小化、紙類の再生委託の拡大、汚泥のリサイクル率向上等の取り組みにより、発生量はほぼ横ばいながら、再資源化は前年を上回る達成率となり(2009年72%→ 2010年76%)、総廃棄物の再資源化率は前年から2ポイント向上した(2009年87%→ 2010年89%)。
 以上の取り組みにより、目標を上回る実績を達成した。
Ⅲ  容器包装の3Rに係るプラスチック容器包装削減対策

(1)数値目標

2005年度のプラスチック製容器包装の排出量(総量)を基準として、目標年次である2010年度における排出量を 2.0%削減する。

(2)2010年度実績

廃棄物発生量と再資源化率の推移

2005
2006
2007
2008
2009
2010
排出量(t)
29,999
29,940
30,308
28,997
28,858
29,146
基準年度(2005)比増減率(%)
▲0.2
1.0
▲3.3
▲3.8
▲2.8
 容器包装の薄肉化・減容化に取り組んできた結果、2010年度の排出量は29,146トンで、基準年である2005年度(29,999トン)比2.8%の削減となり、目標とした削減率を達成することができた。
TOPページ 概要 会員紹介 役員紹介 事業内容 電子公告 パンのはなし パンの生産動向
環境への取組み 食の安全・安心への取組み 主要食料の安定した提供への取組み トランス脂肪酸等に関する情報開示について リンク